カスタム検索

2011年01月23日

Intel Atom D525ベアボーンとFreeBSD 8.1-R

先日のAtom D525ベアボーンですが、メモリをDDR2-800 2GBを2枚に換装して、FreeBSD 8.1-Rのamd64をまずインストールしてみて、World Community Gridに参加しようとしたのですが、ワークユニットが連続して、signal 4で異常終了してしまいましたたらーっ(汗)
で、ネットで対策を探してみたのですが、結局見つかりませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
で、あきらめてOSをi386版に入れ替えて、WCGに参加することにあせあせ(飛び散る汗)
せっかく、4GBフルに使えると思ったのですが、32bit版のOSにしたため、3.2GB程度しか使えなくなってしまいました(まあ、そんなに必要ない用途ですけどね)
それと、32bit版を入れるときにAHCIを有効化する記事を見つけたので有効化してみました。

という訳でインストールメモです。
CDからブートして、
1.ブートメニューが表示されたら「6」を選ぶ、
2.OKがでたら、「load ahci」と入力してEnterキー、
3.再び、OKがでたら、「boot」と入力してEnterキー、
インストーラーが立ち上がるので、普通にインストール、
再起動の時、1〜3を再び、実行、
ちなみにこれを忘れると、起動時にHDDを見失って、起動に失敗しますあせあせ(飛び散る汗)

で、無事起動したら、rootでログインして、
/boot/loader.confに
ahci_load="YES"
を追加しておくこと、これを忘れると再起動する度に1〜3を繰り返さないといけなくなりますがく〜(落胆した顔)
という訳で、AHCIが有効化されます。

次はBOINCをPortsからインストールするのですが、
もし、linuxエミュレーターを有効にしていなければ、
kldload linux
でモジュールをロードしておく。
/usr/ports/net/boinc-client/Makefileに、「CONFIGURE_ARGS=」で始まる行があるので、
「--with-boinc-platform=i686-pc-linux-gnu」を追加する。
それと、/etc/sysctl.confに

kern.elf32.fallback_brand=3

を追加する。
make
make install
次に、/etc/rc.confに
linux_enable="YES"
boinc_enable="YES"
を追加、再起動する。
再起動後、rootでログインして、
コマンドラインから、
boinc_cmd --attach_project www.worldcommunitygrid.org アカウントキー
と入力すると無事、WCGに参加できると思われます。
他に、とりあえず、sambaとかをセットアップしてみました。

posted by にゃおたん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2011年01月20日

Atom D525搭載ベアボーンPC foxconn D30-4購入

先日、ATOKの更新をしようかと思い、ジャストシステムのオンラインショップを眺めていたら、
以前からちょっと興味があった、Intel Atom D525(Dual Core 1.8GHz)搭載のベアボーンPCが
特価(10,780円)になっていたので、自宅にあるHDDやメモリと組み合わせて、WCG用と自宅サーバー用に1台組んでみようと思い、購入しました。
ちなみにこのベアボーンは、HDDとDVDドライブはデスクトップ用の物が流用できますが、PATAポートはないので、DVDマルチドライブ(LITEON iHAS324-27)1,755円も一緒に購入しました。
まあ、OSセットアップの時にDVDが読めれば良かっただけでしたが、24倍速書き込みのドライブになってしまいましたわーい(嬉しい顔)
という訳で、それが、先日届きましたので、早速組み立ててみました。
メモリとHDDは、以前使っていたPCの物を流用して、RAM:2GB、HDD:250GBとしました。
ケースが小型のため、HDDが若干交換しにくいケースですが、組み立てが終わりました。

とりあえず、最終的にはOSはfreeBSD辺りにしようと思っているのですが、とりあえず動作確認用にWindows 7を入れてみました。はじめに32bit版を、後で、64bit版を入れてみて、両方とも無事入りました。
試しに、BOINCのクライアントを入れてベンチマークをしたところ、
1CPU当たり
浮動小数点演算が700〜800MFlops/CPU、
整数演算が2000Mips/CPU程度と、性能はそんなに高くないようですもうやだ〜(悲しい顔)
まあ、消費電力はBOINC実行時でも40W程度ですが、HDDがちょっと古いせいか、HDDアクセスが増えると60W近くになってしまいます。
という訳で、Windows7でのテストを終えて、FreeBSD 8.1Rのx64版を入れてみようと思います。

ちなみにメインマシンのCore 2 Quad 9550Sですと、2800MFlops/CPU、8000Mips/CPU程度です。
また、以前ブログで紹介したCeleron 1.2GHz(2002年頃のPC)では、1,200MFlops/CPU、1,800Mips/CPUでした。
まあ、ATOMとCore 2は4CPU相当なので、以前ブログで紹介したPCよりは、性能がよいようですねわーい(嬉しい顔)
posted by にゃおたん at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2011年01月04日

LinkStation

さて、先日購入したLinkStationですが、おおむね順調に稼働しています。
転送速度もファイルコピーで30MB/s程度は出ているようで、いままで、一日以上かかっていたバックアップも半日程度で済むようになりました。
そこで、バックアップの必要のないファイルもこちらに移すことにしました。
これで、バックアップの負担がさらに減りました。
ただ、このシリーズ操作をなるべく簡単にしようとしているのか、SSLが利用できるのに証明書の入れ替えができないようです。
職場で使っているTeraStation Proはできたのにもうやだ〜(悲しい顔)
といっても、オレオレ証明書に入れ替えたいだけですけどねあせあせ(飛び散る汗)
まあ、そこまでするなら、サーバー建てろと言うことなんでしょうねあせあせ(飛び散る汗)
posted by にゃおたん at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年10月24日

ブログのバージョンアップ

先週、このブログがバージョンアップしていろんな機能が追加されました。
たとえば、タグとか、ツイッターとの連携とか他にもいろいろ変わったみたいですわーい(嬉しい顔)
という訳で、今日はタグを今まで書いた記事や画像に追加していました。
でも、まだ先は長そうですがく〜(落胆した顔)
まあ、少しずつタグを追加していくので、お楽しみに〜わーい(嬉しい顔)
posted by にゃおたん at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年10月03日

お家サーバーメモ

普通の人には、あまり役に立たない情報ですが、載せておきます。

職場のproxyサーバーのチューニングをしようと、お家にあるPCでちょっと実験をしました。
使ったPCは、以前wcgのクライアントにした古〜いジャンクPCです。
これには、FreeBSD 7.3Rが入っていて、これにportsで、squid 2.7 STABLE9を入れてみました。

これを、configで、aufsとcossを有効にして、インストールしました。
それから、/usr/local/etc/squid/squid.confのcache_dirを以下のように設定しました。
cache_dir coss /var/squid/coss 1024 max-size=1048576 max-stripe-waste=65536
cache_swap_log /var/squid/coss/cache_swap_log
cache_dir aufs /var/squid/cache 1024 16 32 min-size=1048576

それから、proxyのhttp 1.1サポートを有効にするため、
http_port 3128 http11
server_http11 on

Windows Updateをキャッシュするため、
quick_abort_min -1
range_offset_limit -1
maximum_object_size 1048576 MB

ログの記録を高速化するため、
buffered_logs on
とか、その他ちょこちょこ変更して、
mkdir /var/squid/coss
chown squid:squid /var/squid/coss
chmod 744 /var/squid/coss
squid -z

でキャッシュ領域の初期化をしました。
そして、試しにsquid &で起動してみてから、
/etc/rc.confに
squid_enables="YES"
を追加しました。
結果、おおむね良好のようです。
という訳で、明日にでも職場のサーバーもこの設定にしてみる予定です。
といっても、職場のサーバーはWindows Serverですけどね。
あと、ディスクに余裕があるので、aufsのキャッシュサイズはもう少し大きくします。

と、squidの設定メモでした。
続きを読む
posted by にゃおたん at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年07月20日

メインPCのCPU換装CORE 2 QUAD 8200S から 9550Sに

先日、ボーナスが出たこともあり、メインPCのCPUを換装しました。
もともと付いていたのはCORE 2 QUAD 8200S(4コア 2.33GHz)だったのをCORE 2 QUAD 9550S(4コア 2.83GHz)にしました。
交換したところで、体感速度はほとんど変わりませんでしたがく〜(落胆した顔)が、VTという仮想化支援機構が有効になり、Windows 7のXP Modeが利用できるようになったり、仮想PCソフトが使いやすくなって、テスト用の環境を構築しやすくなりました(まぁほとんどお遊びでしか使っていませんが…あせあせ(飛び散る汗))
ちなみに、購入先はAmazonにしてみたのでした。
価格は、34,000円くらいでした。(結構高いですね)
ちなみに余ったCPUは、現在お休み中です。

さあ、これでWCGへの貢献度も上がるのかなexclamation&question
HFCCは、最近集計中なのかお仕事回ってきませんねダッシュ(走り出すさま)
タグ:PC CPU WCG Quad Core2
posted by にゃおたん at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2009年12月29日

パソコン買いました(*^_^*)

日曜日に、近くのヤマダ電機の中古PCコーナーを見ていたら、
ちょうどほしいと思っていたスペックに近いものがあったので、
ちょっと考えた結果購入することにわーい(嬉しい顔)

購入したのはNEC ValueStar G Type Mというものです。
スペックは、
  • CPU Core 2 Quad Q8200S
  • HDD 1TB×2(RAID 1)
  • メモリ 2GB
  • ビデオ nVIDIA Geforce GT120
  • OS Windows VISTA Ultimate 32bit
  • その他 Microsoft Office 2007 Personal 等
といった感じです。
これに、Windows7 Ultimate のアップグレード版を追加で購入しました。
というわけで、無サポートですがWindows7 64Bit版にバージョンアップをしました。
で、只今使用環境を移行中ですわーい(嬉しい顔)

ちなみに、WCGのベンチマークは
1コア当たり、2378FLOPS、6428MIPSといった感じで、これが4つ並行で動いています。隔世の感がありますがく〜(落胆した顔)

と言ったわけで、今年最後の書き込みになると思います。
今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

ブログランキングにご協力ください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by にゃおたん at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2009年12月24日

ジャンクPCでWCG参加 その後

先日、World Community Gridに参加させた旧型PCですが、
残念ながらメモリ不足のためか、期待していたHelp Fight Childhood Cancerの問題は解いていないようですもうやだ〜(悲しい顔)

やっぱり512MBでは無理のようですもうやだ〜(悲しい顔)
その後、ベンチマークの結果は
1250MFLOPS
1447MIPS
程度の値で安定したようです。
という訳で、参考にdmesgの結果を載せておきます。
Copyright (c) 1992-2009 The FreeBSD Project.
Copyright (c) 1979, 1980, 1983, 1986, 1988, 1989, 1991, 1992, 1993, 1994
The Regents of the University of California. All rights reserved.
FreeBSD is a registered trademark of The FreeBSD Foundation.
FreeBSD 7.2-RELEASE-p4 #0: Fri Oct 2 12:21:39 UTC 2009
root@i386-builder.daemonology.net:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC
Timecounter "i8254" frequency 1193182 Hz quality 0
CPU: Intel(R) Celeron(TM) CPU 1200MHz (1196.37-MHz 686-class CPU)
Origin = "GenuineIntel" Id = 0x6b1 Stepping = 1
Features=0x383f9ff
real memory = 535232512 (510 MB)
avail memory = 509743104 (486 MB)
kbd1 at kbdmux0
acpi0: on motherboard
acpi0: [ITHREAD]
acpi0: Power Button (fixed)
Timecounter "ACPI-fast" frequency 3579545 Hz quality 1000
acpi_timer0: <24-bit timer at 3.579545MHz> port 0x1008-0x100b on acpi0
pcib0: port 0xcf8-0xcff on acpi0
pci0: on pcib0
vgapci0: mem 0xf8000000-0xfbffffff,0xf4000000-0xf407ffff irq 10 at device 1.0 on pci0
agp0: on vgapci0
pcib1: at device 30.0 on pci0
pci1: on pcib1
cbb0: at device 3.0 on pci1
cardbus0: on cbb0
pccard0: <16-bit PCCard bus> on cbb0
cbb0: [ITHREAD]
cbb1: at device 3.1 on pci1
cardbus1: on cbb1
pccard1: <16-bit PCCard bus> on cbb1
cbb1: [ITHREAD]
fxp0: port 0x2000-0x203f mem 0xf4100000-0xf4100fff irq 10 at device 8.0 on pci1
miibus0: on fxp0
inphy0: PHY 1 on miibus0
inphy0: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
fxp0: Ethernet address: 00:30:13:XX:XX:XX
fxp0: [ITHREAD]
isab0: at device 31.0 on pci0
isa0: on isab0
atapci0: port 0x1f0-0x1f7,0x3f6,0x170-0x177,0x376,0x1400-0x140f at device 31.1 on pci0
ata0: on atapci0
ata0: [ITHREAD]
ata1: on atapci0
ata1: [ITHREAD]
uhci0: port 0x1420-0x143f irq 5 at device 31.2 on pci0
uhci0: [GIANT-LOCKED]
uhci0: [ITHREAD]
usb0: on uhci0
usb0: USB revision 1.0
uhub0: on usb0
uhub0: 2 ports with 2 removable, self powered
pci0: at device 31.3 (no driver attached)
uhci1: port 0x1440-0x145f irq 10 at device 31.4 on pci0
uhci1: [GIANT-LOCKED]
uhci1: [ITHREAD]
usb1: on uhci1
usb1: USB revision 1.0
uhub1: on usb1
uhub1: 2 ports with 2 removable, self powered
fdc0: port 0x3f0-0x3f5,0x3f7 irq 6 drq 2 on acpi0
fdc0: [FILTER]
fd0: <1440-KB 3.5" drive> on fdc0 drive 0
atkbdc0: port 0x60,0x64 irq 1 on acpi0
atkbd0: irq 1 on atkbdc0
kbd0 at atkbd0
atkbd0: [GIANT-LOCKED]
atkbd0: [ITHREAD]
cpu0: on acpi0
acpi_throttle0: on cpu0
pmtimer0 on isa0
orm0: at iomem 0xc0000-0xc9fff,0xca000-0xcb7ff,0xe0000-0xe3fff,0xe4000-0xe4fff,0xe5000-0xeffff pnpid ORM0000 on isa0
ppc0: parallel port not found.
sc0: at flags 0x100 on isa0
sc0: VGA <16 virtual consoles, flags=0x300>
sio0: configured irq 4 not in bitmap of probed irqs 0
sio0: port may not be enabled
sio0: configured irq 4 not in bitmap of probed irqs 0
sio0: port may not be enabled
sio0 at port 0x3f8-0x3ff irq 4 flags 0x10 on isa0
sio0: type 8250 or not responding
sio0: [FILTER]
sio1: configured irq 3 not in bitmap of probed irqs 0
sio1: port may not be enabled
vga0: at port 0x3c0-0x3df iomem 0xa0000-0xbffff on isa0
Timecounter "TSC" frequency 1196368546 Hz quality 800
Timecounters tick every 1.000 msec
ad0: 38204MB at ata0-master UDMA100
acd0: CDROM at ata1-master UDMA33

ブログランキングにご協力ください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by にゃおたん at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2009年12月01日

ジャンクPCでWCG

先週末、ジャンクPC(Celeron 1.2GHz, i810E2, 384MB RAM, 40GB HDD)にて、World Community Gridを実行すべく、OSのインストールを行いました。
まず、Windows は有償なのでパスして、ちょっとマニアックにFreeBSD 7.2を選択しましたわーい(嬉しい顔)
まず、FreeBSDのISOイメージをダウンロードしてCDに焼き込みました。
CDからPCを起動して、インストールをしました。
その後、BOINCをPortsからインストールするのですが、
http://boinc.berkeley.edu/wiki/Installing_BOINC
を参考に、
/usr/ports/net/boinc-client/Makefileの
CONFIGURE_ARGS=--disable-server

CONFIGURE_ARGS=--disable-server --with-boinc-platform=i686-pc-freebsd --with-boinc-alt-platform=i686-pc-linux-gnu
に書き換えました。
それから、ビルドとインストールを行いました。
あと、
/usr/local/share/certs/ca-root-nss.crt

http://boinc.berkeley.edu/trac/wiki/Error/Scheduler%20request%20failed
からダウンロードした
ca-bundle.crt
をリネームしたものに置き換えました。
そんな感じで、WCGに参加して実行しているところです。

ちなみにベンチマークの結果は、
整数演算能力が 2287MIPS
浮動小数点演算能力が 1071MFLOPS
でした。
参考までにWinXPの入っているPuntiumD 820(2.8GHz)では、2163MIPS、1401MFLOPSでしたのでなかなかの能力のようです。
というわけで、しばらくこの体制で様子を見てみることにしますね。
posted by にゃおたん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2009年09月17日

Windows7…

今日は、勤務先のPCにWindows7をインストールしてみました。
ちなみにインストールしたPCのスペックは、
富士通 FMV-K600(改)
CPU: Celelon 2.0GHz
HDD: 40GB
RAM: 1024MB
チップセットはi845Gです。

かなり、低スペックなPCです。

セットアップに3時間ぐらいかかるかと思いきや、1時間位でセットアップできましたわーい(嬉しい顔)
で、使ってみたのですが、思ったより軽かったですねわーい(嬉しい顔)
セキュリティ対策ソフトを入れても、そんなにパフォーマンスが落ちませんでした。

体感的には、XPで使っていた頃とそんなに変らないか、かえって速くなった感じです。
あとは、Officeを入れてみて確認して見ますが、VISTAより快適に使えそうな感じでした。

ちなみに、Aeroは動きません。(まあ、グラフィックが対応していないもうやだ〜(悲しい顔))
それでも、これくらいの軽さならWindows7普及しそうですねわーい(嬉しい顔)

ただ、Windows7では、1024*768(XGA)では、ちと手狭ですね。

ブログランキングに参加しています。
ご協力よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by にゃおたん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PC