カスタム検索

2018年12月11日

入院日記 24日目〜58日目

手術後よりブログの更新をさぼっていましたので
その後の経過をメモしておきます。

10月18日
手術は 午後2時開始予定でしたが前の手術が長引いたため
結局午後5時頃より開始で3時間くらいで終わりました。
結局病室に戻ったのは消灯時間を過ぎた午後9時過ぎだったようです。
麻酔の際の挿管を救急救命士の実習生の方にしてもらったせいか
痰が絡んで出したいのですが咳をすると傷口に響くので
結構つらかったですね
ちなみに太りすぎのため腹腔鏡手術は適応できなかったため
開腹手術でしたたらーっ(汗)
ただ臍の辺りから下を10cm程度切って手術する小切開手術でしたわーい(嬉しい顔)
ただ手術直後から便がでてしばらくはおむつで過ごしました。
尿の管がとれてトイレに行けるようになっても1日10回以上トイレがよいでした。
そんな感じで術後6日経っても発熱が治まらないので造影剤入れてCTを撮ったら
縫合不全と言うことで

  • 一時的にストーマを造って傷口を休ませるか
  • 1ヶ月くらい絶飲食で傷口を休ませるか
という選択をしなければならなくなりましたがく〜(落胆した顔)
ただ先生の話では絶飲食の選択肢はあまりおすすめしていない
(というかストーマ造設のことしか言わず、こちらが他に方法がありますか
と一応聞いたら絶飲食の選択肢を出しましたが
治るかも・・・的なかなり消極的な感じでした)
というわけでほぼストーマ1択でしたがストーマが絶対に嫌というわけではなかったので
結局はストーマ造設を選択しましたもうやだ〜(悲しい顔)

というわけで
10月24日
午前中にCTの検査をして
午後 緊急手術にて横行結腸にストーマを造設しましたわーい(嬉しい顔)
一応自分の意思で決めたことなのでストーマは意外とすんなり受け入れられたようで
手術翌日に看護師さんが装具交換する時にはストーマを見ることができましたわーい(嬉しい顔)
その為かストーマケアは比較的スムーズに覚えることができたようですわーい(嬉しい顔)

食事は
10月28日より流動食
10月30日は5分粥
10月31日から糖尿病食1800kcal
になりましたわーい(嬉しい顔)

11月9日
1度目の手術の時に入れたドレーンから造影剤を入れてレントゲンを撮って
ドレーンを交換しました

11月11日
入院後初の外出 入院が長引いたので冬物を取りに自宅に帰宅
入院患者用の駐車場に入れてあった車も無事動き運転して行ってきました。

11月15日
夕食後ドレーンが抜けて医師としては週末にも退院できるということでした
また装具交換も1日おきくらいになったのですが太りすぎと糖尿病の影響で腸と皮膚の縫合部が
うまくつかない離開という合併症が出てしまったのでそれからは毎日交換になってしまいましたたらーっ(汗)
ただそれのおかげで装具交換の練習機会が増えたのでよかったのかな
というわけで退院許可も出たのでストーマ装具を購入することに
退院後もしばらくは毎日交換なのと一時的なストーマなので障害者手帳等は貰えないので
装具も全額自費ですたらーっ(汗)

というわけでまずは販売業者を選んで注文しました
業者は5社くらいあって、それぞれサービスが若干異なりましたが
結局 土曜も営業しているということで地元の業者を選択しました。
11月16日午後に注文して11月20日に届けてもらうことになりました
ちなみに装具は病院で薦められた装具は
で比較的安価なものでしたが
毎日交換がしばらく続くので排出口が古いタイプでさらに安価な
を注文しました。
ほかにも
ホリスター 7806 アダプト皮膚保護シール φ98 t2.3 10枚入
コロプラスト デオール 消臭潤滑剤 ボトル 250ml 9301
等を頼みました。
アダプト保護シールは6分の1〜8分の1位に切って手で捏ねてストーマの下半分位(4時から9時くらい)に貼り付けて使っています
(その後全周に貼り付けるようになりました)
これを使っているせいか大きな失敗はまだしていません。
ということで届いた装具を試したいので
11月21日退院ということにしてもらいましたわーい(嬉しい顔)
というわけで11月21日午前中に退院して無事58日間の入院は終了しました。
長くなりましたが手術後から退院までの経過です。

11/21 早めのランチ
退院後11時前と早めでしたが、病院のレストランで昼食としました猫
日替わり定食(500円)でアジフライでした猫
ここのレストランは健診センターの食堂になっているので開店が早めです猫
ちなみに入院費は高額療養費限度額証を取得したので下のような感じです。
9月は外来の通院費も世帯合算の基準を超えていたので別途高額療養費を申請中です。
協会けんぽに12/20に連絡したらそろそろ処理が終わるかなということでした。
12/26に高額療養費の払戻金が入金しました。
合計  ¥51,503 ¥51,503 
年月日病院等保険金額保険一部負担金自費分合計備考
8・9・11月通院費等
2018-08-25○○肛門科医院828点¥2,480¥0¥2,480初診
2018-08-28○○肛門科医院2,478点¥7,430¥0¥7,430大腸内視鏡検査
2018-09-01○○肛門科医院430点¥1,290¥0¥1,290結果・紹介状
2018-09-11○○病院¥19,340¥5,800¥0¥5,800
初診・外科  

世帯合算・結果待ち
2018-09-12○○病院¥38,730¥11,620¥0¥11,620
CT・超音波検査
世帯合算・結果待ち
2018-09-14○○病院¥9,290¥2,790¥0¥2,790
内科
世帯合算・結果待ち
2018-09-14○○病院¥15,510¥4,650¥0¥4,650
外科
世帯合算・結果待ち
2018-09-16○○病院¥32,760¥9,830¥0¥9,830
救急受診
世帯合算・結果待ち
2018-09-19○○病院¥32,300¥9,690¥0¥9,690
大腸内視鏡検査
世帯合算・結果待ち
2018-09-22■■病院¥26,080¥7,820¥0¥7,820
糖尿病
2018-09  △¥12,197  △¥12,197
高額療養費払戻し(¥44,380)
2018-11-30○○病院¥1,000¥300¥0¥300
傷病手当金意見書
入院費
合計 ¥228,320¥63,480¥0¥291,800 
年月保険金額保険一部負担金食事標準負担自費分合計備考
2018-09¥234,880¥70,460¥7,360¥0¥77,820
高額療養費限度額現物給付
世帯合算(外来と入院)・結果待ち
2018-09 △¥21,388  △¥21,388
高額療養費払戻し(¥77,820)
2018-10¥1,884,700¥96,277¥28,060¥0¥124,337
高額療養費限度額現物給付
2018-11¥554,050¥82,971¥28,060¥0¥111,031高額療養費限度額現物給付
posted by にゃおたん at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 直腸がん日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185179830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック