カスタム検索

2016年10月22日

FreeBSD 11.0Rのbootcodeのサイズ

ご無沙汰しておりますわーい(嬉しい顔)
UFSからZFSへの移行も放置状態ですが、
先日リリースしたFreeBSD 11.0Rにアップデート中にはまりましたので簡単に報告まで、
11.0Rになってgptzfsbootのサイズが 88,802バイトとなって、freebsd-bootとして
確保していた64KBを越えてしまいましたがく〜(落胆した顔)
これから、手動でパーテーションを切る際は、最大の512KBを確保しておいた方が良さそうです。
私の場合はとりあえず、swap用のパーテーションをテンポラリとして、
geli用の起動パーテーションを若干縮小して移動して容量を確保しました。
なんとなく、LBA1024からgeli起動パーテーションをはじめたかったので、
そんなに頻繁に書き換えることもないだろうと4KB境界を若干無視してLBA34から495KB確保しておきました。
ちなみに自宅サーバーはAFTのHDDなのでLBA40から492KB確保してあります。
というわけで久しぶりの記事でした。

root # gpart show
=> 34 419430333 vtbd0 GPT (200G)
34 990 1 freebsd-boot (495K)
1024 8387752 2 freebsd-zfs (4.0G)
8388776 8388608 3 freebsd-swap (4.0G)
16777384 209715200 7 freebsd-zfs (100G)
226492584 167772160 4 freebsd-zfs (80G)
394264744 25165623 - free - (12G)

タグ:FreeBSD ZFS VPS GPT
posted by にゃおたん at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177346059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック